mecobalamin’s diary

人間万事塞翁が馬

fioその2、ストレージのベンチマーク測定

前回の続き
mecobalamin.hatenablog.com

今回は測定結果
内蔵SSDSATA接続

$ bash ./fio-cdm_190518.sh /mnt/c/fio_tmp
fio-3.1
/mnt/c/fio_tmp
|      | Read(MB/s)|Write(MB/s)|
|------|-----------|-----------|
|  Seq |   2339.000|   1743.000|
| 512K |   2223.000|   1579.000|
|   4K |    192.000|    199.000|
|4KQD32|    212.000|    204.000|

内蔵HDD、SATA接続

$ bash ./fio-cdm_190518.sh /mnt/e/fio_tmp
fio-3.1
/mnt/e/fio_tmp
|      | Read(MB/s)|Write(MB/s)|
|------|-----------|-----------|
|  Seq |   2468.000|   1737.000|
| 512K |   2205.000|   1721.000|
|   4K |    214.000|    201.000|
|4KQD32|    223.000|    195.000|

外付けHDD、USB3.1 Gen1 typeC接続

$ bash ./fio-cdm_190518.sh /mnt/h/fio_tmp
fio-3.1
/mnt/h/fio_tmp
|      | Read(MB/s)|Write(MB/s)|
|------|-----------|-----------|
|  Seq |   2187.000|     72.700|
| 512K |   2223.000|     35.600|
|   4K |    173.000|    183.000|
|4KQD32|    171.000|    195.000|

USBメモリUSB3.1接続

$ bash ./fio-cdm_190518.sh /mnt/usb/fio_tmp
fio-3.1
/mnt/usb/fio_tmp
|      | Read(MB/s)|Write(MB/s)|
|------|-----------|-----------|
|  Seq |   2237.000|     20.800|
| 512K |   1967.000|   1034.000|
|   4K |    230.000|    360.000|
|4KQD32|    231.000|    251.000|

RAM disk

$ bash ./fio-cdm_190518.sh /mnt/r/fio_tmp
fio-3.1
/mnt/r/fio_tmp
|      | Read(MB/s)|Write(MB/s)|
|------|-----------|-----------|
|  Seq |   2251.000|   1811.000|
| 512K |   2196.000|   1732.000|
|   4K |    257.000|    243.000|
|4KQD32|    232.000|    213.000|

外付けSSDUSB3.1 Gen1 TypeC接続

$ bash ./fio-cdm_190518.sh /mnt/s/fio_tmp
fio-3.1
/mnt/s/fio_tmp
|      | Read(MB/s)|Write(MB/s)|
|------|-----------|-----------|
|  Seq |   2156.000|    173.000|
| 512K |   2256.000|    161.000|
|   4K |    163.000|    176.000|
|4KQD32|    165.000|    184.000|

ちなみにCrystal Disk Markでは

f:id:mecobalamin:20190518035347p:plain
Crystal Disk Markの結果、外付けSSD

Crystal Disk Markに比べるとReadがとても早い
なんか設定が違うか。。。?
syncとlibaio?
もう一度試したけどlibaioはエラーが出て測定不可

どのストレージでもreadは同程度
writeはそれぞれ特徴がでてそう
読み込み中心のコマンド・スクリプトだと
ストレージの接続方法であまり差が出ないかも
Windows側と比較できないのが残念
もうちょい試す

21 May 2019追記
fioを実行しているときにwindowsのタスクマネージャーを見ると
内蔵SSDSATA接続の書き込み速度は数十MB/sec程度だった
fioの測定結果よりも遅い
Crystal Disk Mark実行時では数百MB/sec程度で
SSDの性能通りの値が出ている

fioで書き込むファイルのサイズを5gにすると
書き込み速度が数百MB/sec程度になった

 time bash ./fio-cdm_190520.sh /mnt/c/fio_tmp/
fio-3.13-47-gd549
/mnt/c/fio_tmp/
|      | Read(MB/s)|Write(MB/s)|
|------|-----------|-----------|
|  Seq |   2430.000|    450.000|
| 512K |   2450.000|    395.000|
|   4K |    206.000|    139.000|
|4KQD32|    248.000|    135.000|

書き込みの速度が似た感じになってきた
なんとなくfioではメモリへのアクセス速度を見ている気がする
メモリを使い切るとSSD/HDDへのアクセスが始まって
実際の速度が現れるのだろうか?
wslのI/Oの仕組みをよくわかってないからなんとも言えないが。。。

やたら早いfioの結果はあまり信じないほうが良さげ
アクセス速度がwindowsからの測定とwslからの測定で違う理由はよくわからないが、
wslの書き込みはCrystal Disk Markの結果を見たほうが良さそう